8

エンジニアが転職した時の平均年収とは

ITエンジニアとはシステムエンジニア、プログラマー、ネットワークエンジニア、データベースエンジニアの総称で主にパソコンを使用し最先端のプログラミングを行います。

ITエンジニアが転職した場合の年収について詳しく見ていきましょう。

再就職に強い技術職

ITエンジニアは手に職を付けている、いわゆる技術専門職です。
一定水準の経験や実績、ITエンジニアとしての技術さえあれば、すぐに次の雇用先が見つかる可能性が高い強みがあります。

パソコンを使うシーンはオフィスだけではなく、一般家庭にも多く見られ、幅広い世代の方が利用する一つのツールとなっています。
エンジニアとしての十分な技術を持つ方は、どの企業においても喉から手が出る程欲しい人材なのではないでしょうか。

また、その中でもプロジェクト成功者となれば待遇に差が出てきます。
雇用してもらうエンジニアもたくさんいますが、フリーランスで活躍しているエンジニアも多いのが現状です。
自らの得意な分野を企業に売り込みながら場所や時間に左右されることなく、エンジニアとしての力を発揮できるとして20代~40代の方に支持されています。
ソフトウェアを開発する上で、必要な高い技術力を身に付けているエンジニアは需要があり、働きながら自分自身のスキルアップが計れる職業と言えます。

ITエンジニアに向いている人材

ITエンジニアに向いている人材は「頭の回転が良く柔軟な対応力がある方」、「自信家」、「体力がある人」が当てはまります。

まず初めに、パソコンを使っての仕事が主ですが納品先、取引先、雇用してもらっている場合は上司・同僚など多くの人を顔を合わせての仕事になります。
人と人なので時には意見が食い違うことも出てきます。
そんな時、頭の回転が速く、柔軟な対応ができるITエンジニアは会社または売り上げを左右する大きな要になることでしょう。

次に自信家ですがITエンジニアはソフトウェアの開発を手掛ける専門職です。
「このプロジェクトを何が何でも成功させる」「絶対の自信がある」そういった思いで立ち上げている方がほとんどです。
これは雇われているエンジニア、フリーランスに限らず、どのエンジニアも同じ目的を持っていることが大前提です。

そして最後に体力がある方ですがフリーランスの場合、定年がないため仕事を長い間続けることができる魅力があります。体の健康やメンタル面を整えることも立派な仕事になるのです。

ITエンジニアの平均年収の実態

ITエンジニアが転職した場合の平均年収はWEBシステム開発で約532万円、ネットワーク設計の場合だと平均して約647万円となります。
最高月収は1000万円を超える方も居るので自分自身の成果が収入に反映されることが見て分かります。

需要がある職業ではありますが年々エンジニアに転職する人が増加し、未経験でも始められる仕事なので最低月収は約200万円と回答している方もいらっしゃいます。
技術力、体力、精神力が備わっていれば収入アップが見込まれ、成果を出せば待遇も違うものになってきます。

転職を考えた時に、まずは企業研究から始めましょう。
エンジニアに対しての待遇はもちろん、企業業績や実績などを調べることをおすすめします。
普通の会社員とは違い時間に縛られないことがメリットとして先程挙げましたが、1ヶ月のうち40時間ほど残業していて5万円から8万円の残業代を貰っているエンジニアの割合が高いのも事実です。

それでもエンジニアが増え続けるのは「仕事が好きだから」ということに尽きるのではないでしょうか。

エンジニアの魅力

エンジニアの平均年収は比較的低く設定されていますが、プロジェクトを成功させた実績あるエンジニアの場合は1000万円を超える方も居ます。
役職が付き、勤続年数が長いエンジニアは残業する日も増える傾向にあるようです。

また、約3割強の方が19時には退社していて、昇進・昇給など能力を評価してもらえる職業なので満足している方が5割にも上っています。
やりがいのある仕事で、能力をしっかり給与で反映されることはモチベーションが上がり、「また頑張ろう」と思えます。
福利厚生もしっかりしている企業が多いため、エンジニアは無理なく働ける環境にあるのが最大の強みでもあります。
プログラミングに興味があり、自分の可能性がどこまで伸びるのかを知りたい方に向いています。

長い期間、試行錯誤して完成したソフトウェアを認められれば、次の開発に自信が持てるようになることでしょう。
自分の得意分野を仕事に出来ることや、同じ夢を持って何度も挑戦しようとする仲間が居ることは、かけがえのない財産になるのです。

ITエンジニアの転職まとめ

エンジニアの平均年収は職種によって差があることが分かったかと思います。
勤続年数や年齢だけではなく、経験や実績があれば若い世代でも収入アップが見込まれること、企業に評価されやすいことがエンジニアになるメリットです。

また、得意な分野を仕事にする上で更なる可能性を広げることが出来る魅力ある職業でもあります。自分に合った働き方を見付けながら、常に研究心を持って仕事に取り組む姿勢が大切なのではないでしょうか。