closeup of the hands of a man typing on a computer keyboard

ネットワークエンジニアの将来性は?

ネットワークエンジニアは、インターネットが普及した現在では欠かせない人材です。今後もこのような状況は続くのでしょうか。ITエンジニアとしての活躍を希望する方に向けて、ネットワークエンジニアの将来性や求められるスキルなどにつてご紹介します。

ネットワークエンジニアの仕事とは

ネットワークエンジニアとは、コンピュータを始めとする複数の電子機器をつなぐネットワークの「設計・提案」、「構築」、「保守・運用」を担当する技術者です。

「設計・提案」では、どのようなネットワークシステムを構築するのかを提案し、具体的に設計します。発注者の希望を十分に理解して、要望を満たすシステムを提案しなければならないので、システムに関する知識はもちろんのこと、交渉力やコミュニケーションスキルも求められます。

「構築」作業では、設計書通りに必要な機器やソフトウェアの設定を行います。ネットワークの規模に合わせて、他のエンジニアとチームを組んで作業を進めるケースが一般的です。

「保守・運用」ではネットワーク構築後に、問題なくネットワークが機能するように監視し、トラブル発生時の対処などを行います。トラブルが発生した原因をつきとめ、適切に対応して、同じトラブルが二度と発生しないように対処しなければならないため、ネットワークに関する幅広い知識と技術が求められます。

ネットワークエンジニアの将来性

ネットワークエンジニアにとって懸念事項の一つが、クラウドソーシングの普及ではないでしょうか。クラウドソーシングを利用すれば、これまでそれぞれの事業所で構築されてきたネットワークが不要になります。また、多くの会社がネットワークシステムの構築を既に完了しているため、新規案件が少なくなっているのも事実です。

しかし、だからといってネットワークエンジニアの需要が減ることは考えられません。むしろ需要は高まると予想されます。というのも、たとえ新規案件が減ったとしても、ネットワークシステムは企業が業務を進めていく上で不可欠なインフラだからです。保守・管理面での仕事は、今後ますます重要視されます。

不正アクセスなどサイバー攻撃を防ぐことは企業にとって重要な課題ですし、通信容量の増加によって起こる不具合の解消など、さまざまな問題が、日々新たに発生しているからです。

時代の流れに素早く対応できるスキルを常に磨いていれば、ネットワークエンジニアは将来性の高い職業といえます。

将来性があっても、スキルがないと使い捨て

ネットワークエンジニアが将来性の高い職業だからといって、楽観するのは早計です。これからの時代、ネットワーク環境は目まぐるしく変化していくと予想されるため、これまで通りのスキルでは通用しなくなるが可能性が高いからです。

クラウドソーシングの普及に対応するためには、クラウドについて熟知し、クラウドとネットワークの親和性を高めるシステムの構築が求められます。これに対応できるスキルがあれば高く評価され、活躍の幅が広がります。現状ではクラウドに詳しいエンジニアの数はまだ少ないため、他者との差別化が図れるからです。

このことからも分かるように、これからは時代を先取りして、時代の先端で活躍できるスキルを身につける努力をしなければ、いつまでたっても末端の仕事しか任されず、いずれは使い捨て……という厳しい結果が待っていると考えられます。

セキュリティ対策やクラウド対応など、時代がシステムエンジニアに何を求めているのかを敏感に察知し、ニーズに応えられるよう知識や技術を磨き続けることができる人は、今後もネットワークエンジニアとして大いに活躍できるはずです。

これからのネットワークエンジニアに求められるスキル

これからのネットワークエンジニアには、こまで以上のスキルが求められます。

ネットワークに関する知識はいうまでもありませんが、特にセキュリティに関する知識が必要です。暗号などを用いたセキュアなネットワークシステムを構築するスキルは不可欠となります。

クラウド環境に対応するための仮想ネットワークの知識、ビッグデータ処理技術などがあれば、さらに市場価値が高まるでしょう。

しかし、これからのシステムエンジニアは、技術的な知識だけでは生き残っていくのは難しいとも考えられます。これまでのように高コストで、ネットワークシステムを構築する時代は終わりました。これからはいかにコストをかけずに、優れたネットワークシステムを構築するかがカギとなります。このようなニーズに応えるためには、発想・企画力、そして企画を効果的に提案するプレゼンテーション能力が不可欠です。

また、発注者がどのようなしステムを望んでいるのかを的確に把握するための、ヒアリング力も欠かせません。

このほかにもクラウド環境に対応するためのアプリケーション開発など、これまで以上に広範なスキルが求められます。

第一線で働けるシステムエンジニアを目指そう!

いかがだったでしょうか。ネットワークエンジニアの需要は今後も高まること、最新技術を習得する向上心や、企画力の高いネットワークエンジニアは、多くの企業が求められることをご理解いただけたかと思います。

技術さえあれば、フリーランスとして活躍することも夢ではありません。実力次第で上へ上へとキャリアアップできる世界ですから、キャリアプランを立てるととともに、時代の流れを見極めながら、必要なスキルや知識を身に付けていきましょう。そうすれば、業界での市場価値がさらにアップするでしょう。