18

ITエンジニアのやりがい!達成感が味わえる

インターネットの普及に伴ってITエンジニアという職種は、企業側の需要が非常に高まっています。ITエンジニアと言っても、実はいくつかの種類があります。それぞれのエンジニアで求められる能力が異なるため、転職の際は注意が必要です。

ITエンジニアの種類

最も一般的なのは『システムエンジニア』です。システム開発における上流工程を担当し、システムの基本設計やクライアントへの対応を行います。
システムエンジニアの仕様書を元にプログラミングを行うのが『プログラマー』です。システムにトラブルが生じた場合の対処も重要な仕事になります。
ネットワークの設計・構築・運用を行うのが『ネットワークエンジニア』です。セキュリティやサーバーなどシステムの設計だけではなく、回線の設置も行います。
『データベースエンジニア』はどのような形式でデータを扱うか考え、適切な方法で格納します。データベースを元にシステムの能力を最大限に生かすチューニングという仕事もあります。
システムエンジニアよりもwebに特化した職種は『webエンジニア』と呼ばれます。webサイトやタブレット端末などで使用されるアプリケーションの開発を行います。家電製品・自動車などの機器に組み込まれているマイコンを構築するのは『エンベデッドエンジニア』です。

その他にも営業職と技術作業をこなす『セールスエンジニア』、顧客の元でシステム機器の管理や修理を行う『フィールドエンジニア』、システムの利用法について顧客のサポートをする『サポートエンジニア』などがあります。また、プロジェクトの責任者である『プロジェクトマネージャー』や計画の立案者としてシステムを評価する『システムアナリスト』をエンジニアに含む場合もあります。

ITエンジニアのやりがい

大変な仕事である反面、知識と技術を駆使してシステムが完成した時の達成感は並大抵のものではありません。プロジェクトメンバーで立ち上げたものであれば、仲間同士で気持ちを分かち合うことができます。システムエンジニアなどクライアントと接することが多い職種は、クライアントから直接感謝の言葉を聞くこともできます。

開発したシステムは少なからず不特定多数の人に利用されるのもエンジニアの魅力です。自分の携わったシステムを街中で見かけることも少なくありません。サイト・アプリなど実際に利用している人からの声が届きやすい職種と言えます。

エンジニアとして勤務している人の中には、システムのトラブルを解決した時にやりがいを感じる人もたくさんいます。自分の能力によってシステムが正常に稼働していることを実感できる瞬間です。
また、トラブルが従来の方法で解決できない場合は自分で最良の方法を見つけ出さなければなりません。オリジナルの方法でトラブルが解決した時も大きな達成感を味わえます。

男女年齢問わず評価される

ITエンジニアを含むIT業界は実力主義の世界です。実力の有無が問われる厳しい世界である反面、言い換えると実力さえあれば男女年齢問わず評価されるということです。実際に若い世代や女性で800万円~1000万円程度の年収を実現している人も少なくありません。
特にITエンジニアは女性から評価の高い職種となっています。男女平等の社会になりつつありますが、まだ女性への偏見を持つ企業があるのも実情です。ITエンジニアは努力した分だけ正しく評価されるため、やりがいを感じる女性はたくさんいます。女性ならではの細かい気配りなどを作業やクライアントとのやり取りにおいて生かすこともできます。
在宅勤務制度を取り入れている企業であれば、育児をしながら仕事を続けることも可能です。

実力が伴っていれば高年齢になっても仕事が行えるため、幅広い年代の人々がやりがいを感じてIT業界で勤務し続けています。IT業界は別の業界への転職が少なく、自分の仕事にやりがいを感じている人が多いと言えます。

ITエンジニアの転職実情

ITエンジニアは専門知識の習得を常に行わなければならず、加齢を理由に転職・退職する人が多い業界です。
そのため技術職から管理職に転職するケースが多くなっています。管理職は基本的な専門知識は必要とされますが、技術職ほどではありません。企業や社員を客観的な目線から見ることができます。中には1度管理職を経験してから、再び技術職に戻る人もいます。

女性に関しては出産・育児などのプライベートな部分と仕事を両立するのが難しい企業もあります。しかし、在宅勤務制度など女性復帰に積極的な企業があるのも事実です。育児などを理由に転職を考えている場合は、女性に対して理解度の高い企業を選択すると良いかもしれません。
実際に求人を探す場合、一般的な求人サイトを見てもエンジニアは掲載されていないことがあります。一定の専門知識が必要となるため、専門職限定の求人サイトに掲載されているかもしれません。また、企業側から直接求人情報を貰える『非公開求人』も利用した方が良いでしょう。

ITエンジニア/まとめ

ITエンジニアはインターネットの発展に伴って非常に需要が高まっている、やりがいのある職種です。技術職だけではなく管理職などエンジニアはさまざまな種類があり、職種によって求められる知識や技術は異なるため注意しましょう。企業によっても必要な能力や任される業務は違います。自分に合った職場を選択するのがエンジニアを長く続ける秘訣と言えるでしょう。専門業種求人サイトや非公開求人を上手く利用して、好条件の企業を見つけましょう。