15

ITエンジニアが転職を成功させるコツ

転職活動がうまくいかない。と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
実はITエンジニアの転職を成功させるためには、いくつかのポイントがあります。ポイントを抑えれば、自分にぴったりの職場が見つかるチャンスかもしれません。
今回はITエンジニアが、転職を成功に導くために必要なコツをご紹介します。

 

情報収集とスキル磨きが成功のカギ

どの業種の場合も言えることですが、スキルが高ければ高いほど転職は成功しやすくなります。
ITエンジニアであれば、業務で覚えたスキルはもちろん、新しいプログラミング言語などにも積極的に挑戦していきましょう。経験が多くなることで、転職の成功率はグッと上がります。また開発者として、プロジェクトの運用に携わった”実務経験者”などは転職に有利です。
30〜40代の場合も、経験者であれば成功する可能性は高く、逆に未経験であれば早い時期での転職が有利と言われています。

ITエンジニアは専門的な知識やスキルが求められる業種のため、日頃からスキルを磨き、経験を積むことが大切です。
通信・情報関係は、常に新しい技術と情報が求められる分野でもあります。日頃から、新しい情報に目を向ける習慣を身につけましょう。
新しい情報に意識を向けることは、”向上心”として置き換えることもできます。
向上心をアピールすることで、面接官に良い印象を残せます。転職活動では、いかにライバルに差をつけるかが勝負の分かれ目と言えそうです。

ITエンジニアに必要なコミュニケーションスキルとは?

ITエンジニアが転職をする際、コミュニケーションのスキルは必須項目です。
パソコンスキルは秀でている場合でも、コミュニケーション能力が低ければ、お互いに苦労することになります。
コミュニュケーションスキルを上げるためには、積極的に人との関わりを持つ必要がありますよね。
そういった場合に有効なのが、IT関連の勉強会や交流会の参加です。IT関連の勉強会や交流会に参加することで、人と関わる時間が増えます。
それだけでなく、IT業界の情報を入手できたり、人脈を作ることにより、転職先を紹介してもらえるかもしれません。

また、自力で勉強を続けていれば、どうしても知識や技術に偏りが生まれるため、参加することで今まで気がつかなかった情報が手に入る場合もあります。
IT関連だけでなくても、勉強会や交流会に参加するメリットは大きいです。

少しでも興味があれば、色々な交流会に参加してみましょう。全く興味のなかった分野にも、転職活動のヒントが隠されているかもしれませんよ。行動すればするだけ、多くのチャンスに巡り会うことができるはずです。

得られた情報や技術を発信する

ITエンジニアの転職を有利に運ぶためには、自らの””発信力”にも目を向けてみましょう。
会社が必要としているエンジニアは、どのような人材なのでしょうか。
スキルだけでなくそれを発信する積極性も、採用のポイントになりそうです。

個人ブログを立ち上げ、自作のコードを公開したり、SNSでITやプログラミングの知識を紹介することは評価に繋がります。
交流会で行動したことなどを「向上心あり」と評価されても、具体的な形としては残りにくいですよね。
個人ブログやSNSでは、文字や文書が残るため”分かりやすい評価の1つ”として残すことが可能なのです。
自分をアピールできるようなサイト運営に、力を注いでみても良さそうです。

またブログやSNSなどで、知識のアウトプットを行うとより理解を深めることができます。
勉強は復習をすることで、効果を得られる場合が多いと言われています。
それと同じように、IT関連の情報もアウトプットすることでより強固な知識となります。
理解度が高まれば、面接で緊張してしまっても答えられないというリスクを回避できます。

転職することのメリットを考える

ITエンジニアとして転職活動を成功させるためには、転職後のビジョンをはっきりさせておくことが大切です。
ただ漠然と「転職したい」ではなく、自分にとって後悔しない転職を目指す必要があります。給与の良いところがいいのか。勤務時間が適切である企業がいいのか。
又は、やりがいを求めているのか。など、自分が妥協する箇所を予め決めておくと良さそうです。自分が満足のいく待遇などをノートに書き出して、優先順位表を作るのも良いですね。

転職は決してゴールではなく、むしろ新たに舵をきるスタートラインのようなものです。
転職活動が忙しくなればなるほど結果を優先してしまいがちです。
転職したけれど、以前の方がよかった。というように、後悔する場合もあります。これまでどんなスキルを身につけたか。仕事のやり方はどうだったか。
そのように以前していた仕事を振り返ることで、転職先を冷静に見極めることができるのかもしれません。

また、転職経験者の意見を聞くことも大切なことです。IT関連でなくとも、転職事情を聞いておくことで面接時におけるマナーの勉強にも役立ちそうです。後悔をしないためにも、万全の対策をしておきましょう。

ITエンジニアの転職は大変?

ITエンジニアの転職は、他の業種よりも成功しやすいと言われています。
近年では慢性的なエンジニア不足で、情報処理・通信関係は売り手市場とも言われています。
平成29年1月時点では全職種が1.43倍なのに対し、IT関連は2.55倍と高い印象です。

今後もさらにIT系の需要は高まると言われています。
未経験の場合でも、資格を持っていたりすることで転職が有利に働くのだそうです。
転職でさらなるスキルアップを目指したい人にも、積極的な挑戦が成功を近づけるチャンスになるようです。