11

取得しておいて損はない、ITエンジニアの転職に役立つ資格

スキルアップ、給料アップ等理由は様々ですが、IT業界での転職は積極的に行われる傾向があります。
その中でも入れ替わりが激しいと言われているITエンジニア。

今回はITエンジニアの方が転職を考えた際に、取得しておくと効果的な資格をご紹介します。

ITの資格でよく見かける国家資格とベンダー資格、差は何

ITエンジニアとして仕事に活用できる資格は様々ですが、大きく分けて「国家資格」と「ベンダー資格」に分かれます。
詳しく説明していくと、国家資格は製品に特化した知識ではなく、ITに関する知識・技能が一定水準より高いことを認定する資格です。
IT関連の幅広い知識を覚える必要がありますが、その分様々な知識がつくので仕事にもしっかりと活かしていけます。

ベンダー資格とは、民間企業が実施している資格試験で、資格認定企業の製品に関する知識・技能が一定水準より高いことを認定する資格です。国家資格とは違い、ITに関する全体的な知識はそれほど必要とされませんが、特定の製品に関する知識・技能をしっかりと持っている必要があります。
その分その製品に特化したスキルがある事をしっかりアピールできるので、希望する転職先がはっきりと決まっていて、使用する製品が分かっている場合は、対応する資格を取得しておくことで転職活動に有利に働きます。

国家資格には取得後、有効期限はありませんが、ベンダー資格には有効期限があり更新制となっている資格もあるので注意が必要です。

ITに関する全体的な知識のアピールならこの資格

転職先がはっきりと決まっていない場合に取得しておくと良いのは、総合的な知識をアピールできる国家資格の「基本情報技術者試験」、「応用情報技術者試験」です。基本情報技術者試験はITエンジニアとして働くために必要な基本的なITの知識・技能が対象の試験です。

ITエンジニアとして入社後に会社から取得を推奨されることもある程、IT業界では取得がメジャーとなっています。
基本情報技術者試験に合格済みの方や、ITエンジニアとしての経験をある程度積んでいる場合は、より高度な知識・技能を要求される応用情報技術者試験の取得をおすすめします。転職活動の際、知識・技能があることをしっかりアピールできますし、取得していることで年収アップも狙える資格です。

どちらにしても転職を考えるのであれば、自分の知識・技能を再確認する事が重要です。
そのためにも、IT関連の知識・技能レベルを総合的に確認できるこの2つの資格取得を視野に入れておくことで、転職活動をスムーズに進めることが出来ます。

専門知識のアピールならベンダー資格を取得

転職先で必要な知識・技能が決まっている場合や、先程ご紹介した基本情報技術者試験、応用情報技術者試験を既に取得していて更なる専門性をアピールしたい場合には、ベンダー資格の取得が向いています。

ネットワーク系のITエンジニアに転職する場合の取得が向いているのは、世界的ネットワーク機器メーカーのシスコシステムズ社が認定するCCNAやCCNPといった資格です。
どちらもネットワーク関連の資格としての知名度は申し分なく、難易度も高いため、他者との差別化を図るには十分な資格です。

サーバー系エンジニアに転職を希望しているならLinux技術者認定資格のLPIC等の資格取得が向いています。
LPICは世界的に使用されているOSのLinuxに関する技能・知識が水準以上であるかを認定する資格であり、世界的にもアピール可能な資格です。

民間企業が認定するベンダー資格の種類は数多くありますので、自身の希望する業務内容、取得を考えている資格自体の知名度をしっかりと考慮したうえで資格取得に望む必要があります。

転職の為にIT関連資格を取得を目指す場合の学習方法は

ITエンジニアの転職の際に役立つ資格を幾つかご紹介してきましたが、資格取得のための学習方法についてもご紹介させていただきます。

考えられるのは、夜間や休日に専門のスクールに通う、通信講座を利用する、参考書を購入し独学で学習をすすめる方法です。

国家資格を始めとする知名度のある資格に関しては、どの方法でも十分学習を進められる環境が整っています。
そのため、初めて学習する分野であれば、効率よく学習が進められるスクール利用や通信講座の活用が向いています。

ベンダー資格に関してはスクールや通信講座の実施がない場合が多いので、参考書とパソコンを使った独学がメインの学習方法となります。

IT関連の資格の種類によっては、今までのキャリアで培ってきたものと似た内容の物も多いので、プログラミング言語の違い、表現方法の違い等に慣れてしまえば、すぐに理解できるものも少なくありません。
無駄な時間や労力を使わないためにも、一度試験内容を確認してから自分にあった学習方法をとることがIT関連資格取得のための近道です。

資格があれば転職にも有利

ITエンジニアの転職では、実務経験の有無がかなりのウェートを占めています。

ですが、転職時に資格を取得していると実務経験のない場合でも知識と技能をしっかりと持っているとアピールすることが出来、転職活動を成功させられる確率が上がります。

ITに関する総合的な知識をアピールするなら国家資格を、その他の専門的な知識・技能をアピールするならベンダー資格の中から、転職先に合った資格を探してみるのが良いでしょう。