2

Rubyエンジニアが転職で成功するために押さえて聴くべきポイント

幅広い分野から注目を集め、需要が高まるRubyエンジニアはキュ人数も増えており、実績や実力さえあれば有利な条件で転職することが可能です。Rubyエンジニアが転職するうえで、知っておくべきポイントをまとめました。

そもそもRubyとは?

Rubyとは、日本で初めて国際規格として認められたプログラミング言語です。
Rubyは、もともとはオブジェクト指向スクリプト言語として開発されました。このためオブジェクト指向のプログラミングで、多く使われる言語です。もちろん、通常のプログラミングにも使えます。

クラス、メソッドコールといったシンプルな文法を使った一般的なオブジェクト指向からMixin、特異メソッドなど得者なオブジェクト指向まで幅広いプログラミングに対応しているのが特徴です。

このほかにもインタプリタ型言語としてオブジェクトコードを次々に解釈しながらプログラミングを実行させることもできます。

多彩な使用法に加え、UnixやWindows、Mac、DOSなどどのような環境にも対応しているのも、Rubyの大きな特徴です。

Rubyにはさまざまなフレームワークがありますが、最もよく使われているのがRuby on Railsです。求人で募集されるRubyエンジニアの大半は、Ruby on Railsを使える人を前提としています。

Rubyを使った開発で優れた成果を上げるためには、最低でもRuby on Railのプログラミング技術が不可欠です。

Rubyでできる主な作業

Rubyを使ってさまざまなプログラミンが可能ですが、発注されることが多いのは、主に案件は次の分野です。

まず、ゲームのプラットフォームの設計があります。新しいゲームを開発するために、プラットフォームの構築などを担当します。上流工程を任されることが多いのが魅力です。

ビッグデータの分析を行うことも少なくありません。近年は各企業や団体が、ビッグデータの活用を積極的に行っていますから、大掛かりなチームでビッグデータを解析し、販売戦略を立てるプロジェクトも増えています。

社内業務システムの基盤構築でもRubyエンジニアは欠かせない人材です。Rubyはさまざまな機能が使えますから、社内業務のように長期にわたって運用するシステムの構築が得意です。また、これまでのシステムをRuby on Railsに変更する案件も目立ちます。

Webサービスの開発時にモデルを使って検証を行い、具体的な設計を進めるプロトタイピング作業も増えてきました。

このほか、課金システムに関するプログラミング、動画サイトのプラットフォームの開発や運用・管理など、多岐にわたる仕事があります。

Rubyエンジニアの将来性

Rubyはシンプルな文法で利用でき、優れた生産性が高く評価されているプログラミング言語です。スマートフォン向けアプリケーションやソーシャルゲームの開発、クラウドサービスなど、幅広い分野で需要が高まっています。

以前はJavaやPHPの需要が高かったのですが、最近ではこれら代わって、Rubyが使われることが多くなりした。特にプロジェクトの立ち上げ、独自システムの開発、ソフトウェアでスクラム開発を行う企業などからの発注が急伸しています。

このような状況から、Rubyを用いたシステム構築やアプリケーション開発は今後も増加するとみられ、将来性の高い分野の1つです。

特に開発でよく使われるRuby on Railsなどはシンプルなコードで、広範な機能を網羅しているうえに、スピーディーに作業が行えるのが魅力です。これに加えて、移植が容易など優れたフレキシビリティで作業の効率化を実現しています。

これらのメリットによって、Rubyエンジニアが活躍できる分野はWebサイトの開発からゲーム開発、社内システムの開発、アプリケーションシステムの開発など多彩で、今後もRubyエンジニアの求人募集数は増えると考えられます。

Rubyエンジニアに求められる能力

ますます需要が高まるRubyですが、Rubyエンジニアが身に付けておきたいスキルは、どのようなものなのでしょうか。

まず、Ruby限らず幅広いプログラミング能力が求められます。RubyのほかにもPHPやJavaLinux、C言語など複数のプログラミング知識があれば、さまざまに開発に対応できます。Web関連のアプリケーションの開発案件が多いのでHTMLやJavaScriptといった、インターネット関連のプログラミングスキルは不可欠です。さらにネットワークやサーバの知識、インターネットやソフトウェア開発の知識や仕組みを理解しておくと、活躍できるフィールドが広がります。

また、ウィルス被害や不正ログインなどのセキュリティ面のスキルも強化しておきましょう。

これら専門知識を客観的に評価する「Ruby技術者認定試験制度」の資格を取得しておくと、転職時に有利になります。

チームを組むことも多いので専門知識だけでなく、コミュニケーションスキルや提案力なども必要です。

将来性が期待できるRubyエンジニア

近年、プログラミング分野で注目が高まっているRubyエンジニアは、今後も求人数の増加が見込める、将来性の高い職業です。報酬も比較的高めに設定されているので、転職によるキャリアアップも期待できます。

しかし転職では実績と能力がシビアに評価されますから、少しでも多くの実績を積むとともに、常に新しい知識を身につける努力を怠らないようにしましょう。地道に努力することで市場価値が高まり、転職に有利になります。