e27be930d388109dc6804d1027a71b85_s

もうこんな職場は嫌だ!孤立している人に教えたいフリーランスのすすめ

いくら仕事の遂行能力が高くても、人間関係が上手くいかなかったり、なかなか行駅に直結する仕事ができなかったりと、職場内で孤立してしまうこともあるでしょう。

そんな方には、自分の能力を最大限活かすことができる、フリーランスという選択をおすすめしたいと思います。

フリーランスのメリットは?

フリーランスになると、全て自分自身で仕事をハンドリングすることになります。そのような環境でえれるメリットとして、3点挙げたいと思います。

人間関係に囚われない

まず、人間関係の煩わしさが少ないことがメリットとして挙げられます。打ち合わせや作業スペースなど、仕事の選択など自分自身で決めることができますので、変な気遣いや人間関係に疲れない環境を自発的に構築することができます。

大きな収入に期待できる

フリーランスは、仕事の利益が自身の収入に直結します。

そのため、組織で働くよりも大きな収入を得ることができます。例えば、1つ大きな契約を受託することができれば、それだけで1年間暮らせることも珍しくありません。

自分の時間を作りやすい

サラリーマンのように、始業・終業時間が決まっているわけではありません。そのため、時間割を自由にカスタマイズすることが容易になります。

満員電車や行列を避けることができますので、それだけでストレスが軽減され、業務効率も上がることでしょう。

フリーランスへのキャリアパスがある業界

一口にフリーランスで働くといっても、何か秀でたスキルや知識を強みにしていなければ、なかなか難しい職種でもあります。また、自分の強みを活かせる業界なのかどうかも、大事なポイントです。

そこで、フリーランスとして独立しやすいキャリアパスにはどのような業界があるのか紹介したいと思います。

インターネット業界

昨今は特にインターネットを利用したブランディングやサービス提供など、大手企業だけではなく、中小企業も力を割くようになりました。

そのため、プログラマーやWebデザイナーといった職種は、転職によるキャリアアップやフリーランスとして独立など、様々なキャリアパスが用意されています。

特にプログラマは業界的に人材不足な面もありますので、待遇面も優遇されやすい面があります。その一方で、技術やトレンドの流れが非常に早いため、しっかりと自己研鑽を積まなければいけません。

ソフトウェア業界

スマホの普及でアプリを中心としたソフトウェア市場も拡大しています。

プログラミングだけではなく、企画からフレーム構築まで設計できるエンジニアリングの需要も高まっているため、エンジニアや1ステップ上のステージに上がりたいと考えているプログラマにとってはキャリアアップの機会が用意されています。

そこで得た経験や実績は、フリーランスとして独立する時の大きな強みとなります。

デザイン業界

グラフィックデザイナー・イラストレーター・DTPデザイナーなど、様々な形で制作物に関わるデザイナーもまた、フリーランスとして活躍できる場が用意されています。

フリーランスのデメリット・注意すべき点

フリーランスはメリットもある反面、やはりデメリットも存在します。

サラリーマン時代は会社が行なっていた様々な手続きも、フリーランスになると自身で手続きしなくてはいけないことが多くなります。そのような書類手続きなどで、煩わしさを感じる人も少なくないでしょう。

他には、以下に挙げる3つの側面も重々承知しておかなければいけないと思います。

固定給ではなくなる

当たり前ですが、最も重要なことです。

サラリーマンなら個人業績が良かろうと悪かろうと、毎月同じ給与をもらうことができましたが、フリーランスになると固定給というものは存在しません。

「契約が取れなければ給料もゼロ」という環境が当たり前になりますので、まずは生活を安定させる種運輸を得るまでの、バイタリティが必要になるでしょう。

病気・怪我に注意

フリーランスになると、自分の体1つで仕事をこなさなければいけません。そのため、健康体であることが重要になります。

納税も自分で

フリーランスはになると、「個人事業主」として確定申告も自分で行い、納税しなければいけません。書類手続きが多くなりますので、面倒な作業が増えます。

しかし、視点を変えれば節税ができるようになるのは、フリーランスのメリットとして考えることができます。

まとめ

自分のスキルやノウハウには自信があるのに、ひょうんなことから職場で孤立してしまった人には、フリーランスになることを、ぜひ前向きに検討してもらいたいと思います。

テックジョブでは専属コーディネーターが無料でフルサポートしますので、職場マッチや案件マッチに役立てることもできます。

まずは週末フリーランスからチャレンジしてみるのもいいと思いますので、サポート登録してみてはいかがでしょうか?