7

フリーランス1年目は自分で経理をやろう!経理におすすめの便利ツール4選

フリーランスになって、最も時間と手間がかかるのが経理作業です。面倒だからと、ずるずる後回しにしていると、いつの間にか確定申告の時期になりバタバタしてしまう人も多いのではないでしょうか?

税理士と顧問契約を結んでいれば、経理処理もアウトソーシングできるのですが、フリーランスだと顧問料はなるべく節約したいというのが本音だと思います。

そこで、今回はフリーランスにおすすめの経理の便利ツールを6つ紹介したいと思いますので、ぜひ参考にしてください。

MFクラウド確定申告

クラウド型の会計ソフトで、パソコンの他、スマホでも入力が可能です。取引の入力は非常に簡単な4ステップからなります。

  1. 取引の種類
  2. 取引の内容と種類を入力
  3. 日付を選択
  4. 適用を入力

各取引に応じて、上記の項目に入力するだけで元帳に自動作成され、貸借対照表や損益計算書を作成してくれます。その他金融機関の口座情報やクレジットカード情報を自動取得してくれたり、グラフで経理の状況を知らせてくれたりと、レポート機能も充実しています。

初期費用、基本料金は無料です。

やよいの青色申告

会計ソフトとしては老舗のやよいが、2014年からオンラインサービスを開始しています。

やよいの青色申告は、青色申告だけではなく、白色申告にも対応しています。現金は現金出納帳、預金は預金出納帳と、各取引はそれぞれの出納帳に記録しなければいけませんので、厳密な管理を求められる分、入力の手間は少し面倒かもしれません。

また、クラウド型でないインストール版にはレポート機能がありませんが、インターネット環境がない場所で利用したい人にはおすすめです。

オンライン版白色申告:4,860円(年)~ ※初年度0円
オンライン版青色申告:8,640円(年)~ ※初年度0円
インストール版やよいの青色申告:12,960円

freee

自身で入力するのは現金取引のみで、預金取引やクレジットカード取引は自動取得してくれます。入力内容はMFクラウドと大差なく、それぞれの勘定が元帳へ反映されるため非常に簡単です。また、レポート機能も充実しており、コストパフォーマンスが高いツールの1つです。

月額980円

Microsoft Office Excel(エクセル)

会計ソフトではありませんが、経理用のテンプレートが無料でインターネット上にあったり、自身で関数や表を使って簡単に管理したりと、経理管理ソフトにお金を使いたくないならばExcelで十分でしょう。

現金出納帳、預金出納帳、売掛金出納帳、買掛金出納帳、売上元帳、仕入元帳をひな形だけ作成しておけば、後は毎日入力していくだけです。

確定申告時には売上と仕入れだけ分かっていれ国税庁のホームページのソフトで簡単に損益計算書を作成することができます。

ついでに、無料で使えるExcel形式のテンプレート(ソフト)を2つ紹介しましょう。

まじめくん

まじめくん無料でダウンロードできます。

売上や仕入れなどの情報を入力していくだけで、自動的に計算と仕訳を行い、他の帳簿や伝票への転記、現金出納帳や決算報告書の作成が非常に簡単です。

Excel簿記

入力するセルと入力してはいけないセルを分けている(厳密にはロックされている)ので、表の計算式を消去してしまい、入力内容が破綻するようなことはありません。

皆さんは、このような初歩的なミスをしないと思いますが、信頼出来る誰かに依頼するときにおすすめのソフトです。

まとめ

フリーランスで働いているうちは、基本的に高度な会計ソフトは必要ないかもしれませんが、日頃から経理処理をする習慣作りとして有料ソフトで自身に強制力を持たせるのもいいでしょう。

現金がどれだけ残っていて、これからどれだけ出て行くのか、感覚ではなく、1円単位で管理できるようにしていきましょう。