f2cf01ebbb6c012e97d5b4a59f216b1a_m

「フリーランス1年目は必読!税金について学べるおすすめ書籍4選」

フリーランスになると、確定申告を自分自身で行わなければいけません。また、あらかじめ知っていれば節税に繋がる情報もたくさんあります。

そこで、フリーランスになったばかりのあなたが知っておくべき税金に関する知識を、これから紹介する4冊の書籍で学んでいただければと思います。

確定申告も節税もこれでばっちり!フリーランスにおすすめの書籍4選

あらかじめ確定申告や節税のポイントを押さえておくことで、日頃の精算方法やお金の使い方まで意識するようになります。最低限下記の4冊には目を通しておき、確定申告に活かしてください。

「フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました」

フリーランスになったら、まず一番に読むべき書籍です。

現在もフリーランスとして活躍している著者が2005年に出版した書籍ですが、2016年現在もAmazonランキングで1位に君臨するなど、圧倒的な人気を誇る名著です。

たくさんのイラストが盛り込まれた全225ページは、まるで漫画を読むように読み進めることが出来ます。税金について最もわかりやすくまとめられた一冊と言っても過言ではありません。

内容も「税金とは何か?」と基本的な内容から説明をしていますので、知識0の方でも理解しやすい内容になっています。初版が2005年と10年以上も前の書籍ではありますが、増刷過程で法改正に伴った改訂もしていますので、現在でも安心して使える書籍です。

Amazon http://www.amazon.co.jp/dp/4881668765
楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/rb/3700540/
著者 きたみりゅうじ
出版社 日本実業出版社

「自分でできる個人事業主のための青色申告と節税がわかる本」

税理士・公認会計士であり、学校や企業で税金についての講義も行う著者が、税金と青色申告について徹底的に解説しています。文章が対話形式で、図式も多く使われているため、初心者でも分かりやすい内容になっています。

税金、確定申告、青色申告の具体的な方法まで、基本的な部分は網羅されています。初心者には難しい内容については、繰り返し記述されていますので、最初は理解出来なくても読み進めるうちに、だんだんと理解も深まってくるでしょう。

なお会計ソフトの導入、もしくは使用も視野に入れた内容も含まれており、最初に紹介した書籍よりも比較的実践的な一冊になっています。

また、株・投資信託・FXの損益についての解説や、固定資産・減価償却の仕組みについても踏み込んでいますので、青色申告の仕組みを理解するだけでなく、その後のステップアップにも役立つ書籍です。

Amazon http://www.amazon.co.jp/dp/4534040016
楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/rb/11469397/
著者 野瀬大樹
出版社 ソーテック社

「ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 青色申告と経費・仕訳・節税がよくわかる本」

税理士として様々な企業を渡り歩く著者が、フリーランスの人にとって気になるポイントをしっかり押さえています。「知りたいことがパッとわかる」ようにまとめられているので、索引するように読みたい項目から読むといいでしょう。

フリーランスデビューから1年間のスケジュール(会計ソフトの導入・運用→確定申告)で解説もされていますので、まさに初心者の方におすすめしたい書籍です。

Amazon http://www.amazon.co.jp/dp/480072032X
楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/rb/13504021/
著者 脇田 弥輝
出版社 ソーテック社

「フリーランスの教科書」

税理士と社会保険労務士のコンビであり、コンサルティング・トラブルシューティングにおいて経験豊富な2人の著者が、フリーランスを志す人が陥りやすいポイントを解説しています。

漠然と「フリーランスになりたい」と思っている人に、フリーランスの世界が甘いものではないことを鋭く伝えています。

それは、心構えやスタンスといった自己啓発的な内容ではなく、税金・保険・年金・法人化など具体的な項目なので、かなり実践的な内容です。

ただ、「フリーランス初心者」「社労士」「税理士」の3人の登場人物による対話形式で読み進めますので、身構える必要はありません。ボリュームも 224ページにまとまっているので、自己投影しながら、あっという間に読み進めることができるでしょう。

Amazon http://www.amazon.co.jp/dp/4061385291
楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/rb/12119967/
著者 見田村 元宣/内海 正人
出版社 講談社

まとめ

会社員からフリーランスになることで、税金に対する考え方、政治に対しての向き合い方が180度変わることになるでしょう。おそらく、もっと真剣に、もっと前のめりに情報収集したり、考えるようになったりするはずです。

フリーランスになったからには、しっかり現実問題を見据えながら、しっかり地に足つけた活動を行っていきましょう。